ワーケーション体験記   vol.06【後編】

南部町でワーケーションしてみた
-体験記vol.6【後編】-

南部町でワーケーションしてみた-体験記vol.6【後編】-

皆さんこんにちは!KomfortaWorkation事務局の山根です。
全国の快適なワークスペースをご紹介する「KomfortaWorkation」の運営メンバーの1人、都内で働く普通のOLです。

前回は山梨県南部町の宿泊型コワーキングスペース『五番地』で、オーナーの鈴木さんにお話を聞かせていただきました!
今回は、実際にコワーキングスペースとして『五番地』を利用させていただいた感想と、周りの環境についてです。どうぞ最後までお付き合いください。

静かな『五番地』で仕事に全力投球

さて、インタビューを終えて、『五番地』のメインロッジのコワーキングスペースへ。利用者の方に混じって着席。

時折スタッフさんの声が聞こえますが、それ以外は各々がパソコンを打つ音のみ。そもそも川のせせらぎと木々のこすれる音、鳥の声と、時折車の音しかない場所ではありますが、そんな外の音も全く聞こえません!本当に静かです。気づけば2時間近く没頭していました。

こんな感じで陣取り。

落ち着いた雰囲気のインテリアも集中できる一因です。

スペースにはスクリーンがあるので大人数でセミナーや会議をするのにも向いてますね!個室の会議スペースもあります。最大20名まで利用できる『五番地』。お手洗いやシャワールームも複数あるので泊りでも安心です。

KomfortaWorkationユーザーに大人気のホワイトボードも発見!笑

折角なので宿泊棟も見せていただきました。シングルベッドのスペースが壁とカーテンで仕切られているドミトリーのタイプのお部屋と

畳にベッドのお部屋があります。(ツインとダブルがあります!)畳と木のいい香りがして素敵です。シャワールームやお手洗い、洗面台は宿泊棟にもメインロッジにもあります。

キッチンや洗濯機もついていて、宿泊者は利用OKです!この日はスタッフさんが仕込みで使っていらっしゃいました。

軒先や縁側の雰囲気も古民家の醍醐味ですね、子供の頃を思い出します。

集中できる『五番地』さん、すっかりお尻に根が生えてしまいそうだったので夕方にはお暇しました。(そう、先週はスケジュールの都合上宿泊ができず…無念!!)

ありがとうございました!次は宿泊客として伺います!

折角なのでドライブコーナー!

折角なので、周辺をドライブしながら帰ります。

まず、来るときに気になっていたこちら。

国道52号線沿いにある地元の鰻屋さん。めちゃくちゃいい味出した店構えにビビッと来まして。この日はもう終わってしまっていましたが、調べたところやはり人気店のようです。近くの池で活き鰻を育てていて、直前にさばいて調理するのだそう!鰻お好きな方はぜひ!

続いて、電車で来た場合の最寄り駅となる「寄畑駅」

無人駅!!新幹線・電車の乗り継ぎで東京から来られますが、実は車とそう変わらない時間・費用です。ただし、駅から五番地まではかなり距離がありますので、事前のタクシーのご手配を忘れずに!

駅前に小さな祠と鳥居。祠から鳥居を見ると、富士川の流れが見えます。

富士川をもっときれいに見たい!車を少し走らせます。
南部町の真ん中を南北に流れる富士川は、昔から甲斐と駿河を結ぶ運河として人の生活に密着した川です。東海道新幹線を使うと、静岡エリアで下流の橋を渡るので見たことがある方も多いと思います。

翡翠色できれいですね。写真の黒くなっているところは水底です。透明度が高すぎて一見わかりません。

道の駅とみざわ。こちらも52号線沿い。山梨県で最初に登録された道の駅なんだそうです!
南部町はたけのこの産地。地場産品が並んでいました。たけのこ饅頭なるものがあったのですが勇気が出ず、おやつに栗饅頭をゲット。

お饅頭と呼んでよいのか戸惑う大きさ。

元静岡県営業担当の新東名高速イチオシSAコーナー

何を隠そう、私山根は以前静岡県営業担当でした。というわけで東名・新東名は私のお庭でございます。
東名高速で圧倒的に有名なのは海老名。他のSAはどこがいいのか、ご損じない方も多いのではないでしょうか。せっかくなのでお勧めのSAをご紹介!

①新東名高速 足柄SA(下り)- 静岡県小山町

人によっては1時間に1回くらい休憩したいという方もいらっしゃるかなと。そんなあなたにお勧めなのは、EXPASA足柄(下り)。海老名SAからちょうど1時間程度です。

足柄SAは静岡県小山町内にあります。富士山の登山道「須走口」がある、まさに富士山のふもとの町。金太郎の出身地でもあります。

自衛隊の冨士駐屯地や御殿場演習場があるので、自衛隊関連の催しが行われてたり…

「足柄マルシェ」という、地場産品の直売所があったり…

温泉施設「足柄浪漫館」があったり!ちゃんとしたお風呂も、足湯カフェもあるので気軽に立ち寄れちゃいます。

この日はあいにくの曇りで完全に”消え”ちゃってますが、本当はこの足湯カフェから富士山が正面に見えます!近くで見る富士山は迫力あるので是非見てほしい。12月~2月は静岡県内は晴れの日が多くて、富士山が見える日も多いのでこれからが見頃です。

②新東名高速道路 駿河湾沼津SA(上り)- 静岡県沼津市

『五番地』からの帰りにお勧めなのはこちら、NEOPASA駿河湾沼津。めちゃくちゃ豪華な外見。

沼津市は、沼津港が観光地として有名ですよね。富士山も、サンゴがある海も、美味しいごはんもあるのに都市機能も発達している贅沢なまちです。そしてこのSAも沼津らしく贅沢で、飲食店がすべて「地場のもの」なんです!

大きなSAになればなるほど、フードコートには吉野家やマクドナルド、サーティーワンなどのチェーン店が入りがちなのですが、駿河湾沼津のフードコートはすべて「駿河」の特産品を絡めたもの。きちんとその土地の楽しみが味わえるところが一番好きなところです。

小腹を満たすため小海鮮丼をいただきました!

あと、もう一つ好きなところ、「コンセントがあるところ」です(笑)

SA内に、TSUTAYAとスタバ併設のスペースがあり、こちらの窓際カウンターにコンセントがあります。出張中ちょうど休憩時間にPCを開きたい…そんな時にいつも助けられています。

津島善子ちゃん。ラブライブ!サンシャインの”聖地”としても有名な沼津。SA内の色んな所にキャラクターが隠れているので、ファンの方は探してみるのも楽しそう。
(アニメは見たことないのですが、同じ「よしこ」ということでこっそり応援。彼女は人気キャラクターらしいです。よしこの星です)

さいごに

「どんなに不便なところでも、人を惹きつける特別な魅力がある場所は、その魅力だけで観光資源」という、オーナーの鈴木さんの言葉通り、『五番地』は公共交通機関では少し行きづらい場所かもしれませんが、楽しみの詰まった魅力的な場所でした。

仕事をしっかりし、アクティビティを楽しんで、非日常の中でしっかりデトックスしてから日常に帰っていく。そんなちょっとした特別な場所になるんじゃないかと思います。

普段電車派のあなた、皆で行けば運転も安心!東京からも2時間ちょっと!たまにはドライブも楽しんでみませんか?

また次回もお楽しみに!

▼他にも色んなワーケーション施設をご紹介中!

メニュー